【FF11-ANV】ソロ志向

ゲームの好みは人それぞれ色々あります。

アクションが好き、RPGが好き、みたいなジャンル的な要素もあれば、RPGでも「装備もレベルも万全にしてから先へ進む派」もいれば、「とりあえず特攻して全滅したら考える派」もいます。

FF11はMMORPGなのでプレイスタイルも色々です。

とは言っても、レベル上げにしろミッションにしろ装備集めにしろ、そのほとんどはパーティを必須としているバランスでした(少なくとも昔は)。

そういう中で、私はソロ派・・・つまり一人で遊ぶのが好きでした。

 

MMORPGなのにソロとは何事か!

それならオフラインゲームでもやってろや!

という意見もあると思いますが、MMOだからこそソロなんですよ。

MMORPGって仮想現実ですよね。

世界に色々な人がいて、人それぞれ好きに生きてるんです。

その中には一人で旅することを好む人もいます。

でも、別に一人一人が繋がってないわけではなくて、やっぱり世界は一つなんです。

ソロで遊んでいても、アイテムを売ったり買ったりは色んな人とします。

レベル上げだって色んな人とします。

これって現実世界でも一緒ですよね。家で一人で過ごすが好き、一人で旅行に行くのが好き、という人でも学校や仕事は色んな人と関わるでしょう。

それと同じことなのです。

これはオフラインのゲームとは大きく異なるところです。

 

特にサービス開始1年くらいは街から遠いエリアにはあまり人がいなかったのでソロ好きにはたまらない世界でしたね。

まだ人が足を踏み入れていない氷河やザルカ、獣人拠点などに単身乗り込むのはまさに冒険

フェインに籠ってでドールや壺を狩って素材集めでお金を稼ぎ

たまに街に戻ってレベル上げ

という自由気ままな旅を満喫してました。

サービス開始から5年くらいは「魔法使わない縛り」でプレイしていたので、誰かと行動すると迷惑をかけてしまうので一人が丁度よかったんですよね。

 

そんな調子で遊んでいたので、レベル75時代になると裏とか空とかリンバスとか毎日色々な定期予定が入ってて、得るものは大きかった一方でなかなかしんどかったです。

そんなこともあって、晩年は予定がない時間は召喚士でカー君と一緒に釣りをすることが多かった記憶があります。

モンスターにからまれてもカー君が戦ってくれるし、その隙に逃げることもできるので安全です。

戦士やシーフと違って魔法が使えると行動範囲が広がるので極力人のいないエリアで過ごしてました。オンラインゲームなのに世捨て人的なw

 

特にオチはありませんが、そんなプレイスタイルで6年近く遊んでたと思います。

それでも色々な人と知り合い、良い仲間に巡り合えて楽しいヴァナ生活をおくれてました。

コメント