趣味はゲームです

会社にいると毎年新入社員が入ってきますし、仕事が変わると関わる人が変わるので自己紹介をしたりします。

うちの会社は4月に配属された新入社員が実際に現場に来るのは冬なので、この時期は自己紹介のページをみんなで見るのが恒例行事です。

ここ数年わりと思うのが、「趣味はゲームです」という人が男女問わずわりと増えたなぁってことです。

昔は(というか学生時代までは)ゲーム好きってわりとアウトローだったじゃないですか。

ゲームが好き=暗い、キモい、カッコ悪いの3Kみたいなね。昔ファミ通にやり込みが掲載された時に中学校で話をしたら9割くらいの人がドン引きしていたのを思い出します・・・。

でも最近はわりとクリーンな感じ。

ただ、自分の場合は「ゲームが好きです」って言えないんですよね。

何故だと思いますか?

それは・・・周りの人が言う「ゲームが好き」と違うからです。

先日チームに来た人が自己紹介で「ドラクエ10を3000時間やってます」と行った時にザワザワしたんですよ。

で、本人は「ドヤァッ・・・!!」って顔してるの。

その時に私はこう思いました。

「FF11のプレイヤーって自分が引退した10年前でも軽く20000時間とかやってた気がする・・・」

もちろん私もいい大人なので「3000時間か、ゴミめ」なんてリアクションはしません。

まぁそれは置いておくとしても、周りの反応を見るに3000時間というのは今の時代もちょっと引くレベルで、本人的にもある種の誇れるレベルなのだと思います。

確かに普通に考えると3000時間もゲームしているというのはただの変態なので、本人の認識も周りの認識も間違ってはいないでしょう。

これが時間ではなく課金額でも同じだと思います。100万円課金しました!とか言えば普通には頭がおかしい人だと思われるでしょうから、似たようなものですね。

私がゲーム好きを公言して他のゲーム好きの人と会話をしても、かなりの確率で話は合わないと思います。かなりゲームが好きな嫁さんでも途中で話を聞かなくなるのでまぁ普通の人には無理でしょう。

別に時間が長い方が偉いとか、課金額が多い方が凄いとかそういうのはどうでも良いのですが、話が合わないのに会話をしてもお互い楽しくないでしょうから、あえてゲームの話は出すまい・・・と思うのです。

というか単に3Kのラインが後退しただけで広く見ると何も変わってないのかもしれませんが・・・。

何が言いたいのか分からなくなってきましたが、趣味がゲームってのは難しいってことです。

まぁどんな趣味でも似たような問題はありそうなんですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする